自分のステージが上がったと実感!

イメージコンサルってイメージ湧きますか??

 

先日嬉しい報告が入りました!
30代前半にして、
仕事のためのイメージ創りに着手し、
プログラムを受けた女性。
オシャレも好きだし、
お買い物も好き、
ファッションに関して
苦になることなんてない彼女が
この若さで
イメージコンサルつけるって
とても革新的であると思います。
だからこそ、
本気なのだと思いました。
億万長者なわけでもなく、
皆さんと同じで
これから活動幅を広げようという
起業家の女性です。
その彼女がなぜ、
ビジュアルに着手したかです。
彼女にはもあります。
目標もあります。
そして何より、
救いたい人がいるのです。
自分がチャレンジし、
何よりも結果を出すことで、
普通の30代女性が、
子育てをしながら、
夢や想いを乗せて活動し、
『私もできたんです!』
『大丈夫、できますよ!』
って、自分の経験を通して
昔の自分のように、
苦しい想いをしている人を救いたい。
そう思っていたからこそ、
まずは私が変わろう!
そして、自分自身が、
もっと自信をつけて、
自分の思い描く未来を描こう
と思ったのです。
出会いたい人に出会うために、
扱って欲しいように扱われ、
自分の納得いくスタイルで
ビジネスを続けていき、
たくさんの女性を支えたい。
そんな風な想いが溢れんばかりでした。
彼女は、
本気だったので、
私も本気で向き合いました。
とても素直に、
自分の好みと、
自分の人から見える印象と
葛藤しながらも、
素直に実践しました。
彼女の憧れの女性像になるために。
 
そうしているうちに、
彼女は、パーティーなどで、
ビジネスモードで扱われるようになり、
憧れの出版社に関わることができ、
そこで、声をかけてもらい、
自分のためのチャンスを掴んだのです。
オシャレが好きな彼女だからこそ、
私がいなくても、
自身でコーディネートできるように、
私は、できる限り、
考え方、
彼女の印象、
なぜそうするのかを、
事あるごとに伝え続けていました。
プログラムを受けて半年、
急なパーティがあり、
私に相談する時間もなく、
彼女は、
『自分でやってみよう!』
とコーディネートするアイテムを
買いに行きました。
とにかく
『ゆきよさんだったらどう考えるだろう』
『ゆきよさんだったらどう言うだろう』
と必死に今まで話したことを
しっかりと思い出して
コーディネートしたそうです。
そして、
お世話になっている方の、
パーティでこう言われたそうです。
『以前は可愛い感じだったのに、
すごく洗練されましたね!』
と言われただけでなく、
その同じ時いらしていた、
某有名ブランドの
ファッションに関わる
デザイナーの右腕とも
言われているデザイナーの方に
お声がけいただき、
彼女自身がビジュアルを褒められたのです!
彼女がその時どれだけ
嬉しかっただろうと思うと
私はとても感動しました。
なぜなら、
彼女は、
多くの方が
『私は大丈夫』 『私はそんなレベルじゃない』
と躊躇する、
イメージコンサルを自らつけ、
自己の好みとの
多少の葛藤を乗り越えて
素直に行ったからこそ、
彼女に、
チャンスと喜びと、
新しいステージ、
そして何よりも
『これでいいんだ。』
という確固たる自信が
手に入ったのです。
ここに至るまで
たったの半年です。
見た目にこだわり、
自分の活動の
信念、理念に合わせた
印象創り。
彼女のファンは、
確実に質が上がっています。
『あなただから』
これを面と向かって
言われ続けているのです。
自身が本当に支えたい、
大切なクライアントに、
これを言われること、
どれだけ心が震えるでしょう。
チャレンジし、
本気で取り組んだ先に、
こんなに人生が変わるのです。
彼女の強さは、
何よりも
言い訳をしないことです。
本当に素晴らしいです。
自分自身の人生を
自分自身で本気で
取り組んでいる人は、
自分のために、
時折出てきてしまう
言い訳にも似た、
揺れる想いを
こらえながら、
こらえてでも欲しいものを
手に入れるために
そうしているのだと思います。
そんな彼女が、
こんなことを言ってくれました。
 2017年       2018年
『YUKIYOさんにお願いして
大正解だったと思ってます。
YUKIYOさんへ感謝でいっぱいです!』
彼女が自分の納得いく
ステージに上がったこと。
私の想いが届いていること。
どこを取っても感動いたしました!
まだまだ上がって行きそうな彼女を
まだまだ次のステージに行ける行ける!
とこれからも応援させて
いただこうと思います!
27707810_1172277452907694_1179118488_o.jpg
彼女がステージあげるために
行ったプログラムの
個別相談は、電子書籍を読んだ方だけに
特別に開催しています!
プロフェッショナルな
ビジュアルづくりの軸を見つける
ワークができるセミナーはこちらから