個人ビジネスする方のタレント力(女優力)の使い方。

ビジネスする方へ。

新しい自分への興味はありませんか?

 

こんばんは!

ビジュアルプロデューサー
YUKIYOです。

先日お伝えした起業するなら身に付けたい

 

女優力

 

のお話をさせていただきました。

 

 

女優力であり
タレント力でもあるのですが、

 

 

女優力(タレント力)を高めることが
なぜ自分のビジネスに有益なのか?

 

 

それは魅力的に魅せることに
抵抗がない状態を創るためであり、

 

 

未来の顧客に見つけて貰うためであり、

 

 

未来の顧客に自分の価値を
語らずとも伝えることにあるのです。

 

 

素敵に魅せることに
抵抗がある方もいるとは思いますが、
(華美なことが好きじゃないなど・・・)

 

 

抵抗があるのに価値高く見られたい。

抵抗があるのに華やかに見られたい。

 

 

そんな相反する気持ちが
あったりもするのです^^

 

 

ではそれを乗り越えて欲しいと思う気持ちを話す前に質問です。

 

 

魅力的に見せないで

 

 

どうやって好きになってもらいますか?

どうやって会いたいと思ってもらいますか?

 

 

人は一瞬である程度の価値を無意識に設定します。

 

 

私に関係がある人であるか?

私の話をわかってもらえるか?

私の問題解決出来る人である可能性があるのか?

 

 

そこから関係がスタートするのです^^

 

ビジネスにおいてはほとんどの場合、
自分のステージに合った方と
繋がりたいと思いませんか?^^

 

 

そう思うこと決して悪いことではありません^^

 

 

当然のことなのです。

 

 

綺麗事並べると
本質が見えなくなるので
ここでは当然と言い切りますね^^

 

 

実際にダイエット成功して
綺麗になったら売上げが上がった方もいるくらい

 

見た目で
ビジネスの成功は左右するのです。

 

 

ではそんな結果が変わる

 

 

見た目×女優力(タレント力)

 

 

どう使う?

 

端的にいうと、

 

 

なりきること。

 

 

こんな経験ありませんか?

 

幼少期の〇〇ごっこ。

 

これのような感覚です^^

 

簡単にいうとですが^^

 

この頃『お姫様』を演じるのに
悪気などなかったはずです。

 

 

恥じらいもなかったはず。

 

 

ただただなりきることを
楽しんだのでは?

 

 

だから、
演じるって楽しんで
相手と目的を果たす行為でもあるのです。

 

 

例えばセラピストなら、
セラピストとして自分の美学に乗っ取り
相手が喜ぶことをする。

 

 

このようなことです^^

 

 

素敵な笑顔を大げさに作ることや
(自然に引き込まれる笑顔であれば大げさと感じないはずですが・・・・)

 

自分の美しく見える角度を知ることや

 

自分が魅力的に見えて
声をかけてもらえるような
ファッションをすることや、

 

自分が人気になることなど、

 

 

お客様も自分自身も
誇らしくなるようなことが
なりきること

 

 

何も演じるとは
自分を隠すことではないのです!

 

 

自分の強みを魅力的に
見える化するだけ!

 

 

そう思うと楽になりませか?^^

 

 

相手が喜ばせるために
美しくする。

 

 

これって結局自分にとっても
得られることが大きいと思うのです^^

 

 

ぜひぜひ自分の顧客が喜ぶこと、
自分が出会いたい顧客層が興味持つこと
それを形にすることに取り組んで見てください♪

 

女優力やタレント力磨いて
お客様を喜ばせましょう!

 

 

Make your style!

Make your identity!

 

ではまた次回^^

 

2019年発行電子書籍

スクリーンショット 2019-07-18 7.35.13.png

ぜひダウンロードいただき
ご覧くださいませ^^

%%%_LINK_16975_%%%

最新事例公開しています^^
参考になれば幸いです♪

 

スクリーンショット 2019-05-18 14.40.38.png

▼ダウンロードはこちら▼
%%%_LINK_15937_%%%
 
 
 
スクリーンショット 2019-05-20 3.34.51.png
 
▼ダウンロードはコチラ▼
%%%_LINK_15946_%%%
 
 

本日もお読みくださりありがとうございました!