プロフィール撮影で起こりうる行き違いと改善策。

 
40006431_228512361159255_5797865460556890112_n.jpg
 
先日、
兵庫県加古川市まで
クライアント様の
 
 
プロフィール写真および
プロモーション用の
写真撮影を行ってきました。
39983929_243003733222151_7361628074816831488_n.jpg
 
 
撮影内容は、
 
 
・プロフィール写真、
・イベント出展時
・プロモーション用のイメージ素材
 
 
 
ホームページや
ブログ、ランディングページに
挿入用の写真素材など
 
 
数々の写真を撮りました。
 
 
 
そこで私の任務は、
欲しいイメージを事前に伺い、
そのイメージの写真を
カメラマンに伝え、
 
 
 
1対1だと起こりうる
行き違いの無いようにつなぐこと、
 
 
 
そしてクライアントが
クライアント自身の目で見る
自分ではなく、
 
 
 
他者が見て感じる側の
魅力に着地させること。
 
 
 
 
写真に写る被写体である
クライアントの
衣装のコーディネートや
ヘアメイクを行うことです。
 
shari-sirotnak-328614-unsplash.jpg
 
 
自分で自分を明確に伝えることも
大事ではあるものの、
写真を見るのは結局のところ
 
 
 
『お客様』
 
 
 
であるとするならば、
お客様が見たときに感じる
 
 
 
信頼ポイント
魅力
 
 
 
を前に出すのが
プロモーションという
前提の上に成り立つ
仕上がりだと思います。
 
 
 
プロフィール
プロモーション
 
 
 
はあくまでも
 
 
ビジネスで使うものである
 
 
ということです。
 
 
 
集客はファン作り。
 
 
 
仕事時の魅力を
効果的に使ってみては
いかがでしょうか?^^
 
 
 
 
プロフィール写真の
オーダー方法を書いた電子書籍は
下記画像クリックで詳細ご覧いただけます。
 
 
 
【電子書籍ご感想】
 
とっても分かりやすくて参考になりました。
ヴィジュアルは大事ですよね!
 
 
今まで知らなかった自分を知るには最高の書籍ですね!
 
 
診断で自分のことがさらに理解できました!
 
スクリーンショット 2018-08-21 17.34.53.png