『これ売れた!』と自分自身の新しい商品に自信が持てイメージできるには?

こんばんは!
 
 
 
今週末は先週の
天気のぐずつきと違い
東京は少し暑いくらいの
晴れた2日間でした^^
 
 
 
 
朝はこんな朝食からスタート♪
 
 
59979734_583156785523384_1357738874226343936_o.jpg
 
気分は上々です♡
 
 
 
どんな週末を過ごしましたか?
 
 
 
 
私はクライアント様の
商品企画が変更になったので、
見せていくときの色合いや、
 
 
 
 
ペルソナが振り向いてくれそうな
プロモーションの印象がいいか
相談に乗っていました^^
 
 
rawpixel-561415-unsplash.jpg
 
ミーティングを重ね、
印象をどこに設定するかを決め
今回の企画改変による
価格の見直しもあったため、
 
 
 
 
 
どう自分が捉えると
新価格でのセールス
できるのか、
 
 
 
 
 
そこを見せ方や、
ご自身の印象に合わせて
いかに難しいことじゃないかを
伝えます。
 
 
 
 
自分の中から見る自分は、
どうしても昨日までの自分なので
 
 
 
 
できるかな?
買ってもらえるかな?
欲しい人いるかな?
 
 
 
 
そんなことを一瞬
考えてしまうもの。
 
 
 
 
それはそうなんですよね。
 
 
 
 
だってまだその価格で
売った経験がないのですから、
どんなに自分の価値を高く見ていたって
 
 
 
 
お客様と契約する前の
一瞬はちょっと不安だったり
今までの思考の手順で
考えてしまう
もの。
 
 
 
だからこそ、
見た目も含めて、
私が消費者として見て、
価値の高いもの売っていて
大丈夫と感じるのだから
 
 
 
 
それを根拠を持ってお伝えしています。
 
 
 
 
クライアント様
ミーティング途中に
未来のイメージがカチッと
イメージできたようで、
 
 
 
 
 
『あっこれ売れますね。
                いい商品!』
 
 
 
 
 
とってもスッキリ
本格的に自覚ができたようで
私もとっても嬉しいです♪
 
 
 
 
 
 
本当に誰にでも必要で
とってもいい商品なのです。
 
 
 
 
そんなこんなで、
私と話している中で、
 
 
 
 
 
『あっこれ、
マイナスをプラスにする商品ではなく
プラスの方をさらに輝かす商品だった!』
 
 
 
 
そうなって、
手渡したい相手が
ガラリと変わっていました^^
 
 
 
 
 
 
なぜ私がそういった
ミーティングを重ねるのか、
 
 
 
 
 
それは、
 
 
 
 
 
 
商品を隅々まで私も感じ、
誰が必要かイメージできることで、
誰に向けて見せていくのか、
 
 
 
 
 
そしてどう見られたいのか、
そこを知らないことには、
見た目や見せ方のプロデュースは
完成しないからなのです。
 
 
 
 
 
顧客対象ともなり得るとして
欲しくなるポイントを探しています。
 
 
 
 
 
そこをどう伝えるかって
とっても大事ですよね^^
 
 
 
 
 
見せていくのも、
一人の脳では難しいので
お手伝いさせていただいています^^
 
 
 
 
 
商品の本質も自分でわかっているようで
実は盲点があるので、
 
 
 
 
 
その盲点が不安の要素にならないように
不安を口にしてもらったり、
商品のプレゼンを聞いて、
 
 
 
 
こんな人が欲しいと感じてくれそう!
 
 
 
 
そこをイメージしています。
 
 
 
 
ファッション雑誌もターゲットが決まっています。
 
 
 
 
美容雑誌もターゲットが決まっています。
 
 
 
 
だからその表紙はターゲットに合わせて
デザインや色やコーディネートが
決まっていってるのです。
 
 
 
 
私が相談に乗っているのは
そういうところなのです^^
 
 
 
 
次に買い物いくときには
またそこが加味されるので
新しい自分に出会えること必至です♪
 
 
shutterstock_705604258.jpg
 
 
自分を客観的に見るというのは
なかなか難しいので、
私が問いかけることで
 
 
 
 
自分の欲しい未来が
イメージできたら
 
 
 
うれしいです^^
 
 
 
 
 
クライアント様の
ほんの少し先の未来の成果を
聞くのが楽しみでなりません♪
 
 
 
 
 
そしたらまた見直し改善♡
 
 
 
 
 
想像したらまた会いたくなる私でした^^
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
“YUKIYO ビジュアルプロデュース”の
LINE@
 

LINEat_icon.jpg

 

本日もお読みくださりありがとうございました!