ヘアスタイルも仕事とプライベートでは分けるというのも一つの手段。

 

ヘアスタイルお悩みではないですか?

ヘアスタイルに悩む原因の一つに、

 

何か一つに決めなければならない
という思い込みの方や、
仕事中にも『可愛く』いたいという
私情のスイッチで考えてしまう方など

 

スタイリングできない
不器用

 

などの他に

 

お困りのことががある方も
いるなあというイメージです。

 

プライベートと仕事をきっちり分けている人も
プロとして仕事をされる方は割と多いです。

 

スタイリストの永川雅代さん、、
今ではショートヘアですが、
長いことボブスタイルでした。

左はプライベート
右が仕事用。

 

映画やドラマなどの
エンターテインメントの裏側の
スタイリストは

 

かなりの重労働と
立ったりしゃがんだりと動きもあり、

 

さらには仕事中に
衣装を汚すわけにいかないので
髪を触るなんて絶対にNG

 

衣装を着せられる側の方に
いい印象を与えないため、
なるべく邪魔にならないようにします。

それでも素敵にできるのは
バランスを知っているからですね^^

 

一つにまとめると言っても

 

ただ束ねているのか、
オールバックのスタイルとしてまとめているかで

 

大きく違います。

 

オールバックのスタイルとするならば、
きちんと整髪剤などで後れ毛のないように
まとめること。

 

これが大きな違いとなります。

 

時折整髪剤が嫌いで・・・・

 

とおっしゃる方がいますが、
あなたをみている相手は、
その好き嫌い全くもって関係なくて、
見たままの状態であなたを判断します。

 

ボサボサなら、

 

『あー無頓着なひとね。』

 

など。

 

ではどうするか。

 

整髪剤がなくても
綺麗でいられるスタイルを選ぶ、
カットのコントロール、
髪質をケアする、
ブローをしっかりする。

 

どれかを選ぶのです。

 

 

何もしないで『素敵』にはならないので、

 

何が一番自分にあっているかを探し、
相手のために綺麗に整えるを
今日より明日気をつけられるように
していきましょう!

 

ヘアスタイルの基準を知りたい方は
こちらの電子書籍をぜひご覧ください^^
※画像クリックで詳細へ