プロフィール写真に写る無難な自分からの脱却方法。

 james-bold-641863-unsplash.jpg
ただいま特集中
『プロフィール写真』にまつわる
 ーーーー
 ーーー
コーディネートの話を
させていただきますね^^
 ーーーー
 ーーーー
ここのところ
お問い合わせの多い
プロフィール写真の撮影のお話。
 ーーー
 ーーー
この中で、
美容とファッションの私が
何をすると思いますか?
 ーーーー
 ーーー
私はビジュアルのプロデュースを
行っているのですが、
 ーーーー
 ーーー
クライアントの世界観が
どんなものであって
 ーーーー
 ーーー
それが
 ーーーー
 ーーー
どうお客様の目に写ると
より魅力的に見てもらえて、
お付き合いをしたいと思ってもらえるのか
 ーーー
 ーーー
それを軸に考えて、
衣装のスタイリング提案から、
ヘアメイクのムードを考えたり、
 ーーーー
 ーーー
打ち出してる商品や、
活動から、
 ーーーー
 ーーー
好まれるテイスト、
手にとってもらえるテイストが
どんなものかを見立て、
 ーーー
 ーーー
カメラマンとそれをシェアし、
どんな光だとその出したい世界観が
表現できるのかを考えオーガナイズしています。
 frank-uyt-den-bogaard-658591-unsplash.jpg
 ーーー
奇抜なことをするのも一つですが、
大きく驚くようなことをせずして、
品位品格、
さらには風格をまとい、
 ーーーー
 ーーーー
お客様に期待され頼られている部分が
滲み出るような写真を、
 ーーーー
 ーーー
撮ってもらうこと、
そしてそれを持って、
自分を俯瞰でみて、
 ーーー
 ーーー
『今の自分は人にこう見えている』
 ーーーー
 ーーーー
と認識することで
より自信を持ったり、
 ーーー
 ーーー
思考がそのイメージに
沿ったものになることで
 ーーー
 ーーー
より確固たる
リアルとweb上での世界観の調和
生まれるのだと思います。
 ーーー
 ーーー
そんな大事なプロフィール写真の世界。
 ーーーー
 ーーー
写る自身のコーディネート
かなり大事ですよ!
 ーーー
 ーーー
無難にコンサバで行きますか?
 ーーーー
 ーーー
わからないから
好きな服着ておくだけでいいですか?
 ーーーー
 ーーーー
 あなたのまだ知らない
魅力的に写るアイテムを、
 ーーーーー
 ーーーー
もう一度プロフィール写真の目的と、
ビジネスの目的に合わせて、
 ーーーー
 ーーー
自分が今上質に
自分の世界を彩るアイテムで包まれ、
それに似合うヘアメイクにして
写ること考えてみましょう!
 ーーーー
james-bold-641863-unsplash.jpg
 ーーーー
知らないだけで、
すごい似合いそう!なアイテム
あるかも!
 ーーーー
 ーーー
『信頼できそう』という思考に
チャンネル合わせて、
 ーーーー
 ーーーー
本屋の雑誌売り場に行って、
いつもは手にも取らないジャンルも含めて、
 ーーーー
 ーーーー
『信頼できそうな人』と感じる
イメージの雑誌を手にとってみてください。
 ーーーー
 ーーーー
それがあなたの信頼のイメージに近い
ビジュアルなのかもしれません。
 ーーーー
 ーーーー
この時『好き・嫌い』のチャンネルは
動かしてはいけません^^
 ーーー
 ーーーー
それが何よりのコツです♡
 ーーーー
 ーーー
雑誌を選んだ後のことはまた次回・・・・。
 ーーー
 ーーーー
来週には、
写真の中のコーディネートにも関わる、
ビジュアルアイデンティティプログラム
電子書籍第4弾公開中!